ヘルプトップ - 機能を使う - サイトマップ作成機能の概要

サイトマップ作成機能の概要

【サイトマップ作成】とは、Google検索に対する SEO対策の効果が期待できる「sitemap.xml」を、簡単な設定にて自動的に作成する機能です。

1)
Googleロボットの仕組み

Googleは「ロボット型」と呼ばれる検索エンジンです。
ロボット型検索エンジンでは、ロボット(プログラム)がWebサイトをリンクをたどって巡回し、自動的に収集・登録した情報を検索結果として表示しています。
Googleロボットは、定期的にWebサイトをチェックにやってきます。これをクロールと呼びます。
しかしながら、このクロール時、Googleロボットは、Webサイト内の全部をくまなくチェックするわけではありませんので、Webサイト運営者にとって一番見てほしい重要なページを見落としている可能性もあります。
さらに、GoogleロボットのWebサイト巡回は長期スパンで通常行われていますので、Webサイトに新着情報を掲載してもその直後にクロールされるとは限りません。


2)
「sitemap.xml」とは?

★サイト内で重要なページ、更新頻度が高いページを、もれなくGoogleロボットにクロールさせたい
★更新したときの最新情報を、Googleロボットにクロールさせたい
等の、Webサイト運営者の意図した情報を Googleロボットに知らせるためには、「sitemap.xml」の作成が必要となります。

「sitemap.xml」には重要度や更新頻度などを設定でき、サイトを更新した時にも更新情報を Googleロボットに知らせます。

本来この「sitemap.xml」の作成には、GoogleSitemapsで仕様の決まったXMLファイルかページ情報を羅列したものを、自分のサーバーのトップディレクトリに置く、という作業が必要になります。
つまり、特殊な知識や手書きで「sitemap.xml」を作成する、という手間が必要となるのです。


3)
【サイトマップ作成】機能

そこでドリーマASP では、この「sitemap.xml」作成についての知識が全くない方でも使えるように、【サイトマップ作成】機能を搭載しました。
プルダウン形式でサイト内のページ別に重要度、更新頻度を設定するだけで自動的に「sitemap.xml」を作成することができます。
また、サイトを更新するごとに Googleロボットに対し更新情報発信ができるシステムも組み込まれていますので、一度設定しておけばページ更新毎の手間は必要ありません。

これにより、Google はWebサイト運営者側が指定する重要な情報を見落とすことなく登録し、さらに、更新された場合にも素早く新着情報を登録してくれるようになります。
その結果、SEOの効果を高めることが期待できます。



関連ページ
サイトマップ作成機能の設定